サポート力のあるハウスメーカー

ハウスメーカーを選ぶならサポート力のチェックは欠かせない

サポート力は注文住宅を依頼するときに必ずチェックしたいポイントです。注文住宅を建設するには、建物の設計や施工管理だけに気を配ればよいというものではないからです。注文住宅の建設では、資金計画や近所への配慮、あるいは建設後の想定外のトラブルなど、多種多様な悩みや問題が起こることが考えられます。しかし、これらを依頼主が自らで解決するのは現実的ではありません。適切な解決方法をとれないままに建設を進めたり、住宅の利用を続けると、取り返しのつかない問題へと発展することも考えられます。 そんなときに頼りになるのは、依頼をしたハウスメーカーのサポート力です。実際に、注文住宅の建設を依頼した多くの人が、煩雑な問題については、ハウスメーカーのサポートを受けて解決しているそうです。

サポート力が判断できる3つのポイント

サポート力の有無は、どのような点から見分ければよいのでしょうか。注視したいポイントは、ハウスメーカーの実績・担当スタッフの知識・見積価格の3つです。まず、依頼しようと考えているハウスメーカーの実績を調べます。これまで手がけた物件について調べてみるとよいでしょう。実際に建築した家を見学したり、注文をした人に意見を聞くのは大切なことです。次に、担当するスタッフの能力に注意しましょう。内装デザインの知識だけでなく、土地探しや資金計画など多くの知見を持っているか、注文住宅の相談をしながら確かめます。

最後に見積価格です。サポート力のあるメーカーの方が担当スタッフの仕事が増えるため、インセンティブが高めに設定されていることが多いです。必ず、複数のメーカーの見積書を集め費用の違いを確かめてから、依頼するかを判断するようにしましょう。