耐震性に優れた2×4工法の注文住宅

2×4工法についてと他の工法との違い

近年では2×4工法による建築が盛んにおこなわれるようになり、注文住宅を建てる場合にも採用する人が増えています。2×4工法とは、木造住宅を建てる場合の工法の一つです。数字で表されるこちらの工法は、使われる構造材の大きさが、2インチ×4インチであることが名前の由来となっています。2×4工法は、耐震性の他に、断熱性や耐火性も認められるため、災害の多い日本で認知度が高まっています。

従来からある工法は、柱や梁によって建物を支える仕組みとなっています。対して2×4工法は、建物の土台を作ったら、あらかじめ工場などで製作された壁パネルを搬入して壁を組み立てます。壁ができたら屋根を組み立て始め、最後に内部の構造を製作することで住宅を完成させることができます。

2×4工法はなぜ耐震性があるのか

2×4工法は災害に強く、結露が発生しにくいなど優れた特性があることで知られています。中でも耐震性に優れていることは、地震大国の日本では魅力的です。2×4工法が地震の揺れに強い理由は、壁パネルなどの面材を使っていることが関係します。従来の工法では、筋交いによって地震や台風の揺れを吸収しますが、筋交いは設置できる場所が限定的です。一方、2×4工法は、壁パネルを使って家の外側部分を施工できるので、窓の周囲を含め、壁全体で衝撃を吸収できます。

2×4工法を使った住宅は、揺れを吸収できるだけでなく、気密性にも影響します。壁パネルを密着させて住宅建設を行うからです。ですが、断熱性は工法に関係なく、断熱材などの建材や、窓や玄関ドアなどの性能により異なります。