伝統的な木造在来工法の家造り

他の建築工法との比較

注文住宅を建てるためには、どういった建築工法を採用するかを決めなければなりません。代表的な工法には、木造在来工法やツーバイフォー、鉄筋コンクリート造りなどがありますが、これらはそれぞれ特徴が異なるため、自らのニーズを踏まえた上で、それに合うものを選ぶようにしなければなりません。この点、コストに着目すると、ここで挙げた3つの工法の中でもっとも高額なのは鉄筋コンクリート造りとなります。そのため、なるべく予算を抑えたいという場合には、木造在来工法かツーバイフォーを選ぶようにしたほうが良いでしょう。一方、耐久性や耐震性といった面では鉄筋コンクリート造りがもっとも強固ですので、コストをかけてでも丈夫な家に住みたい方は、それを選ぶというのも一案です。

木造在来工法の魅力とは

このように、建築工法によって特徴は異なるわけですが、その中で木造在来工法の持つ特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。この点については、まず一つ目の特徴は、建物の開口部を広く取れるということが挙げられます。ツーバイフォーの場合には、壁面で建物を支える構造になっているため、壁をくり抜いて大きな窓やドアを設けるのは容易ではありません。これに対し、木造在来工法であれば、建物を支えるのは柱であって壁ではないので、開口部を広く取って開放感のある家にしやすいというわけです。また、木造在来工法には、柔軟なデザインが可能であるという特徴もあります。アーチを多く取り入れてエレガントな外観にするといったことも、木造在来工法であれば容易に実現できるのです。

一戸建てとは一つの土地に独立して建っている一棟の住宅のことで、集合住宅以外の一軒家のことをさします。