安定した品質のプレハブ工法のマイホーム

耐震性や耐久性も安定している

耐久性や断熱性などが安定しているマイホームを建築したい時には、住宅部材を工場で生産してから組み立てるプレハブ工法が合っています。設計通りの耐震性が確保できるために、住宅設計で細かい注文をつけていくうちに耐震性が低くなる心配もありません。設計基準を満たした品質の住宅部材を使うので欠陥住宅になる心配もなく、床や壁の耐久性でも信頼できます。住宅部材の断熱性テストで出た数値をメーカー側が公開している場合もあり、住宅を建築する前から断熱性の差などを比べながら、暮らし心地の良さを想像できるのもプレハブ工法の利点です。空気の流れも計算しながらプレハブ住宅は組み立てられるので、湿気が住宅内に溜まりにくい点でも注目されています。

工期が短くなるのも利点

仕事などの都合で数ヵ月以内に新居に引っ越す必要があり、急いでマイホームを建築したい時にも最適なのがプレハブ工法です。決められた住宅部材で組み立てることで住宅が作れるために、工期を大幅に短縮できてトータルのコストも削減できます。職人の技術力に依存せずに安定した品質の住宅を建築できるので、信頼できる職人がいるメーカーなのか比較せずに、気軽に施工を依頼できるのもプレハブ工法の特徴です。住宅の品質は安定しますが設計度の自由度が下がってしまい、施工中に計画を変えにくいのはプレハブ工法のデメリットです。他の工法と比べて住宅をリフォームする際に制約が掛かってしまう場合があるので、プレハブ工法の住宅を建築する際には、リフォームをしやすい構造にすることを意識してください。

建売住宅とは、住宅メーカーが見込みで供給する住宅のことで、土地に建物を建て、一体で提供するものです。メーカー主導で、似たデザインの住宅を大量に供給するので、低コストで販売価格を抑えることができます。