職人の技術力のある工務店

職人技が光る工務店が造る注文住宅

工務店は、伝統的な日本家屋の木造の建築方法の家造りが特徴的です。工務店では木造軸組工法と呼ばれる家造りを得意としています。木の柱から床や壁、天井など、建物のあらゆる場所を細い木材で組み合わせ、骨組みをつくって家を建てていきます。組み合わせるには、一定以上の職人の技術が必要になります。熟練の職人技により、一定水準以上の注文住宅が完成することもあります。工務店によって職人のレベルに違いがあるため、依頼先の選定は入念にしておくことが重要です。依頼する工務店の施工実績や職人の経歴、どんな雰囲気で家造りをしているのかなど。後悔のないように、様々な側面を下調べして、安心して任せられる工務店を選ぶようにしましょう。

工務店を選ぶ際の注意ポイント

注文住宅を工務店で建ててもらうときの注意点は、家の設計と施工を一貫して任せられるかどうかです。工務店によって施工のみという業者もあります。そういった工務店は、設計事務所で別に設計のデザインを依頼することが必要になります。別々に依頼するのがちょっと面倒だと感じる人は設計と施工の両方を任せられる工務店を選ぶようにするとよいです。そして、相場よりも高額な設計や施工の費用を請求する工務店もあるので、気をつけなければいけません。ですから、設計や工事費について詳しく知識を身につけて、相場費用の目安を知っておきましょう。そうすると、注文住宅の見積もりを提示されたときに、適切な費用かということを判断することができます。

新築一戸建ては最新の耐震基準で建てられている、太陽光発電システムや家庭用蓄電池などの設備が最初から付いているなどのメリットがあります。